賃貸マンションの苦情で困る。

賃貸マンションの苦情で困る。

賃貸でもバリアフリーで安心

今住んでいるところで困っているのは、お風呂です。若干の段差があり、足が悪い家族がいるので少し不便です。また、知り合いでも、アパートのお風呂が不便だと言う人がいます。その方も70代の女性で足が悪く、湯船のへりが高いので、浴槽に入るのにひと苦労なのだそうです。しかもシャワーがないので、洗面器にお湯を汲んで髪を洗っています。腕の筋肉もあって元気な頃はよかったのですが、今では洗面器を何度も持ち上げるのがたいへんなのだとも言っていました。でも、アパートだから仕方ないよね、と諦めてしまっていました。

探してみると、賃貸でもバリアフリーのマンションやアパートはたくさんあるようなのです。例えば浴室ですが、出入り口の段差がないユニットバスになっていて、高齢の人にも安心な浴室暖房がついています。バリアフリーというと段差ばかりが思い浮かびますが、温度差をなくすことも実は高齢者にとっては大切なポイントなのです。これは、温度のバリアフリー、などと言われています。もちろん水栓やシャワーも使いやすい高さについていますから、腕が上げづらい人にも使いやすいのではと思います。高齢になると引越しもたいへんですから、早めに引越しを考えるのもいいでしょう。

そのほかお薦め記事

Copyright 2017 賃貸マンションの苦情で困る。 All Rights Reserved.