賃貸マンションの苦情で困る。

賃貸マンションの苦情で困る。

老朽化・風呂なし・地震にも弱い私の賃貸の住まい

私の現在の住まいは少し特殊な状況で、神社の境内の中ににあります。木造一戸建ての賃貸なのですが家主さんが個人の方ではなく、神社を取り仕切る氏子会なのです。祖父母・両親の代、私と住み続けているので築年数は計り知れないほどの長さです。老朽化はすすみ、あちらこちらがかなり傷んでおります。特殊な状況上、改築することなどは許されず、今の古いままの家屋にいたっております。その古さの分、家賃が安い点については助かっています。風呂は昔からなく、慣れたとはいうものの自分も年をとってきているので銭湯通いは厳しく不便です。風呂の設置も父母の代から何度も申し出たのですが結局許可が下りなかった次第です。風呂なしというのも今の世では珍らしいことになるかと思います。実に不便な日常を送っています。

それから家屋の老朽化と大きく関係してくるのが地震対策。強固なものにあちこちを補強したいところですが、それ以前の問題です。家の土台や柱等、随所が老朽化しすぎています。仮に地震対策を考えたとしても手直しの許可は出ませんでしょうし、私自身・費用の工面もできません。堅固な建物に憧れてはいますが、それは夢のまた夢。家賃も安いですし、賃貸ということには特段抵抗はありません。老朽化は年々仕方ないとして、風呂のある家、地震にも強い家に住めたらなあと、今更ながら思います。

そのほかお薦め記事

関連サイト

Copyright 2017 賃貸マンションの苦情で困る。 All Rights Reserved.