賃貸マンションの苦情で困る。

賃貸マンションの苦情で困る。

快適な賃貸物件の中の、ささいな大問題

人生初の賃貸住居は概ね快適です。想像以上、お値段以上と言っても過言ではありませんが、やはりそうは言っても賃貸物件です。それなりの残念な困りごとがあります。まずはやはり収納面でしょうか。それなりのクローゼット等はありますので、他の家具等を設置し、物を増やさない努力をしてなんとかしのげます。しかし、下駄箱、シューラックがありませんでした。これは結構困りものです。玄関はとても狭く置くスペースがありません。玄関入ってすぐの廊下に凹スペースがあります。おそらくここに下駄箱を買って設置するということなのでしょうが、なかなかそのスペースに合う下駄箱を買うのが難しく、未だに簡易的なシューラックで過ごしております。

次に困っているのは、空気の流れができないことです。こちらを契約する前、物件の下見ができませんでした。なので、建築図面をみせてもらいました。建築図面上は、窓が南面及び北面の2か所あるとなってました。ところがいざ入居してみますと、北面の窓は残念ながら、ハメ殺しの開かずの窓でした。東西は住居ですので、換気扇を回して窓を開けるしかありません。やはりあまり空気が流れないのですっきりしません。気密性がかなり高いので、窓を開けずに換気扇をまわすと、窓から空気の音がかなりします。結構な騒音で困っております。

最後に、部屋の広さの問題です。1LDKで2人暮らしなので、必然的にワンルーム部分が寝室となるのですが、形状的にダブルベッドが入りません。これは結構な誤算でした。未だにシングルで2人で寝ております。今回の賃貸への住居で本当に色々と勉強になりました。今後の引っ越しの際、これらの経験を役に立てたいものです。

そのほかお薦め記事

関連サイト

Copyright 2017 賃貸マンションの苦情で困る。 All Rights Reserved.