賃貸マンションの苦情で困る。

賃貸マンションの苦情で困る。

賃貸物件の冬の生活環境

賃貸物件はなかなか自分の希望通りに部屋をカスタムするわけにはいかないです。防寒対策にしてもエアコンをつける場合も家主様の了承を得る必要もあります。特に灯油ストーブを使用している家庭では窓や玄関ドアの結露の酷さに悩まされますがこれも勝手に修繕したりはできないです。

窓辺に置いていた人形が水滴で濡れてしまうこともしばしばです。防寒対策をしようにもお洒落な部屋にこだわるかたにはつらいです。かといってエアコンをつけっぱなしにするのは光熱費に大きくかかわります。物件自体のたてつけが悪い場合はすきま風にも悩みます。補修しようにも建物全体の問題のため個人ではどうすることもできないです。換気をくりかえしてもお風呂にまどがない場合でお風呂の横にトイレがある場合は冬になるとトイレが結露で水浸しなんてこともあります。最新機能のある賃貸物件なら心配はないでしょうがすこし古い賃貸物件なら必ずついてくる悩みでし。冬の間悩み事になるので物件を選ぶ時はお風呂とトイレの位置関係や玄関の場所は最重要だと思います。入居後に気づいたら家主様に相談してなるべく家主様側に補修してもらうのがベストです。気づいた事は早めに伝えるのが賃貸物件に長く住め冬を上手く乗りきっていくコツだと思います。

そのほかお薦め記事

Copyright 2017 賃貸マンションの苦情で困る。 All Rights Reserved.